自律神経は活動を司る交感神経、休息を司る副交感神経からなっています。
自律神経は刻々と変化するストレスに対し、意思に関係なく適切に反応し、心身のあらゆる機能を適切な状態にコントロールしています。心臓のリズムも自律神経によってコントロールされています。この心臓のリズムを解析することにより自律神経を評価しようというのが心拍変動解析です。
自律神経の反応が乱れると、自律神経のバランスが崩れ、心身の健康を維持する機能に異常が生じ、さらに進むと疾病の誘因となります。

心身の不調は起立時の自律神経異常に現れる


起立という動作は脳血流を維持するために、瞬間的に自律神経を反射させ、しばらくすると解除させます。
きりつ名人は、この原理を利用し、反応すべき時に適切に反応できるかどうかを、起立時の心拍変動解析で評価します。