報告 第2回ウェビナー きりつ名人で心身の不調をチェック

プレビュー(新しいタブで開く)

「自律神経セルフケアステーション くらすwell」では、前日のセミナーに続き、今回は横浜を拠点にzoomによるオンラインセミナーを開催しました。今回は、企業の方の健康指導に「きりつ名人」を活用していらっしゃる北陸予防医学協会 施設長山上孝司先生に「ストレスと自律神経」についてお話をいただき、その後、初めての試みとして個別にきりつ名人の測定結果を用いたオンライン相談を行いました。

自律神経セルフケアステーション くらすwell 
第2回ウェビナー&測定会

日時:令和2年8月20日 10:00~10:30 (10:30~11:30 オンライン個別相談)
10:30~17:00 (オンライン個別相談・きりつ名人測定)

自律神経セルフケアステーション:公益財団法人横浜企業経営支援財団

■講演 1 「ストレスと自律神経」

演者:北陸予防医学協会 施設長 山上孝司先生先生

【▶をクリックすると動画(youtube)でご覧いただけます】

 

【会場の様子】

第2回はオンライン挙手によるスタイルで質問にお答えしました。

会場での質問(一部)

Q1.きりつ名人の検査結果とストレスチェックとの関係は?

A1.まだデータとの関係は客観的には見ていないが、個人個人の指導の中では関係があると思っている。

■クロスウェルからの参考関連情報
反射過剰タイプがストレスを感じにくい?!  
労働者の6割はストレスを感じている     
メンタルヘルスと自律神経の乱れ             

Q2. きりつ名人の正常範囲・年齢等の関係は?

A2.きりつ名人で測定した約6000データを解析すると、各体位間(安静・起立・立位(立ち続けた時)・着席)の心拍の変化、CVRRの変化、LF(ccvLF =√LF/平均R-R)の変化、HF(ccvHF=√HF/平均R-R)の変化は年齢層ごとにほぼ正規分布を示し、年齢と逆相関(相関)を示すことが明らかになりました。これらの結果を用いて、きりつ名人では各年齢ごとの標準値を参考値としてグラフ表示、きりつ名人としての判定に活用しています。

ウェビナー後

■きりつ名人 測定 オンライン相談

ウェビナー終了後、山上先生には引き続き、きりつ名人測定結果をもとにオンラインによる個別相談にご協力いただきました。

・先生のお顔を見ながら相談ができ、緊張しないで相談することができた。
・診察室とは違い相談しやすかった。
・こうして先生にご相談ができると、受診へのハードルが低くなるという感じがした。・・・・等のご感想をいただきました。

 

■きりつ名人ヘルスケア 測定 

3密をさけ、きりつ名人ヘルスケアによる非対面式による測定を実施。当日・前日のウェビナーでの講演内容をスクリーンで表示しました。

 

 

きりつ名人ヘルスケアについて