1拍1拍にこだわる心拍変動解析 meijin

心身が健康であれば、能動的起立負荷時は「立つぞ」という中枢の興奮性神経の影響と、圧受容体信号の影響により、交感神経亢進・副交感神経抑制という自律神経を惹起させます。

「きりつ名人」はこの原理を利用して、高度な心拍変動解析(meijin)により自律神経機能の評価をサポートします。

進化論のダーウィンの言葉に「最も強いもの、最も賢い者が生き残るのではない。唯一生き残ることができるものは変化できる者」があるそうです。まさに心身の活動の変化は自律神経が行っています。クロスウェルは、自律神経は変化にどう対応できるかを評価することこそが重要であると考えます。